白幡子ども会「クリスマス会」

12月の季節のイベントと言えば、クリスマスですね。
クリスマスと言えば、友達とクリスマスパーティしたりプレゼント交換をしたりして、楽しく過ごす方が多いかと思います。

12月9日(日)白幡子ども会(5地区)では、菅野小学校の体育館を会場としてクリスマス会を開催しました。子ども61名、大人43名の総勢104名のお友達が集い、クリスマスソングを歌おうのコーナーでは、リーダーが中心になって「赤鼻のトナカイ」「あわてんぼうのサンタクロース」等を心を合わせて唄い場を盛り上げました。その後、今回初めて子ども達は木曜会の方々のブラックシアターを見ました。演目は「おもちゃのチャチャチャ」「スイミー」「クリスマス三部作」子どもたちの出演で「こぶたぬきつねこ」です!

最後にみんなで持ち寄ったプレゼントは「名前ビンゴ大会」(会員のお友だちの名前を使った)で交換、さらにさらに残った時間で、「ドッチボール」「ドッチビー」「クリスマスツリーオーナメント(ふれあいセミナーで習った)」のコーナーに分かれて過ごしました。

今回は、例年よりも盛りだくさんの行事で子ども達も大満足の様子でした。‼

次回は、みなさんも白幡子ども会に入って参加しませんか?

 

記事・写真:藤本 惠子(白幡子ども会育成会長) 写真:田中真理子

 

1.今日一日楽しくゲーム等で過ごしましょう。 2.赤鼻のトナカイを連弾で弾きました。
3.彼女の指揮に合わせて歌をうたいました。

4.リーダーがあわてんぼうのサンタクロースの歌唱指導をしました。
5.子ども達の司会進行で、藤本会長(左)が木曜会の皆さんを紹介しました。 6.木曜会の方々です。ブラックシアターの説明をしました。
7.白幡子ども会のみなさんです。 8.白幡子ども会のみなさんです。
9.ドッチビーで楽しみました。 10.笑顔とともにツリーを背中に写真を撮りました

 

2018年12月19日