船子連主催「バス研修視察会」について

12月6日(木)に船子連主催のバス研修視察会で カップヌードルミュージアム横浜等を訪れました。
行程はカップヌードルミュージアム横浜→「みなとみらい21」でしたが、雨による渋滞で、横浜赤レンガ倉庫→カップヌードルミュージアム横浜に一部変更しました。

船子連とは、市川市、浦安市、船橋市の市子育連の3つの団体で構成しています。役員、部員、行政の担当者たちが40名参加しました。ちなみに市川の市子育連からは12名参加しています。

バスは西船橋を9時に出発して、午前中に横浜赤レンガ倉庫に行きそこで自由昼食しその後、カップヌードルミュウジアム横浜に行きました。このミュウジアム施設は、世界初のインスタントラーメン「チキンラーメン」を発明し、展示を通じて体感することが出来ます。ここまで言うとピンときた方がいるかと思いますが、現在放映中のNHK「連続テレビ小説」99作目となる「まんぷく」でモデルとして日清食品の創業者・安藤百福(ももふく)さんとその妻・仁子(まさこ)さんの物語ですね。ドラマの題名は立花萬平と主人公の今井福子の名前を一字を取って萬福(まんぷく)なんですって。知ってましたか?さて、話を本題に戻しますね。
「チキンラーメン」を手作りできる工房でひよこちゃんバンダナを頭に巻いて小麦粉をこね、製麺機で生地をのばし、蒸したあとに味付けをし、乾燥するまでの工程を、楽しみながら体験しました。

ひよこちゃんバンダナと手作りのチキンラーメンをお土産にしました。

早速、自宅にてどんぶりの中にチキンラーメンと具を入れてお湯をそそいで食べましたが、想像以上にとてもおいしかったです。

次回は、みなさんも参加しませんか?

記事:遠藤淳子 写真:堀口晶子

 

チキンラーメンが誕生した当時の研究小屋を再現 食文化に発展していく様子をパッケージで表現
1.チキンラーメンが誕生した当時の研究小屋を再現 2.食文化に発展していく様子をパッケージで表現
日清食品の創業者と妻・仁子(まさこ)さんです。 市川の市子育連の参加メンバーです。
3.日清食品の創業者と妻・仁子(まさこ)さんです。 4.市川の市子育連の参加メンバーです。
スタッフによる各人のチキン玉を油で揚げます。 お土産用のチキンラーメン袋をスタッフに渡します
5.スタッフが各人のチキン玉を油で揚げます。 6.お土産用のチキンをスタッフに渡します。
お土産用のチキンラーメン袋に名前を記入中 左:石井会長 中:亀山副会長 右:薮嵜顧問ひよこちゃんバンダナ姿もかわいいですね。
7.お土産用のチキンラーメン袋に名前を記入中

8.左:石井会長 中:亀山副会長 右:薮嵜顧問 ひよこちゃんバンダナ姿もかわいいですね。
全員で記念写真です。 自宅にてチキンラーメンを食べました。
9.全員で記念写真です。 10.自宅にてチキンラーメンを食べました。

 

2018年12月12日